Microsoft Access Club >このページ  サイト内検索


Structured Query Language : SQL入門講座


Accessでは、データの抽出、レコードの検索などのデータ処理にクエリを利用します。クエリは「問い合わせ」と訳されますが、このクエリの正体がSQLステートメントです。

クエリの元になるSQLを自在に扱うようになれば、データベースの操作、制御をより効率よく行うことができるようになります。

SQLステートメントを実行するには、Docmdオブジェクト、DAO、ADOから行うことができます。このSQL入門講座では、SQLステートメントを実行するいろいろな局面も取り上げる予定にしています。


目次
  1. SQLとクエリの関係
  2. SQLの基本的な記述方法
  3. SQLの記述場所
  4. SQLの実行方法 - RunSQLメソッド
  5. SQLの実行方法 - DAOのExcuteメソッド
  6. SQLの実行方法 - ADOのExcuteメソッド
  7. 選択クエリの作成と実行
  8. レコードの抽出 - WHERE句
  9. あいまいな条件抽出 - LIKE演算子
  10. レコードの並び替え - ORDER BY句
  11. アクションクエリの作成と実行 - テーブル作成クエリ
  12. アクションクエリの作成と実行 - 更新クエリ
  13. アクションクエリの作成と実行 - 削除クエリ
  14. アクションクエリの作成と実行 - 追加クエリ - 値の追加
  15. アクションクエリの作成と実行 - 追加クエリ - テーブルの追加
  16. フィールド名を別名で指定する - AS句
  17. グループごとに集計を行う - GROUP BY句
  18. 重複データの表示、非表示を切り替える - ALL句 、DISTINCT句
  19. 条件をまとめる - IN演算子
  20. 抽出条件にサブクエリを用いる
  21. 比較演算子を用いて条件をまとめる - ANY句
  22. 集計関数を用いた条件を設定する - HAVING句
  23. グループ化におけるWHERE句とHAVING句の利用方法
  24. パラメータクエリの作成方法
  25. パラメータクエリの実行方法
連絡事項
  • 記述内容、サンプル画像は、Access2003を用いて行っています。
  • Access2000、2002バージョンをお使いの場合、DAOの設定を手動で行う必要があります。
  • ADOは、Access2000バージョンから取り入れられました。よって、Access97をご利用の方は、ADOの利用はできませんのでご注意下さい。

関連ページ

 

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


Structured Query Language : SQL入門講座



-Microsoft Access Club-

アメリカ合衆国の大手データセンターのアダルト対応可能なリーズナブル価格設定の専用・共有レンタルサーバーをご提供しています。
アメリカ合衆国の大手データセンターにサーバー機器を設置。
アダルト対応可能な専用・共有レンタルサーバーを提供。