Microsoft Access Club >SampleFile Q & A >インデックス >このページ >次頁 < 前項  サイト内検索


Q&A-010 帳票形式のレポートで参考ファイルNo63
及びNo200のAccessファイルを使用する一例



名簿(200人程度)に顔写真を表示するように との上司からの注文で悪戦苦闘しています。

samplefole-63.写真付フォームの作成、とても参考になりました。ありがとうございます。

単票形式ではOKですが、帳表形式で複数レコードを表示させようとして、うまくいきません。
movenext, loop で回しても、フォーム上で表示した時には最終レコードの内容(写真)が表示されてしまいます。(当たり前かもしれませんが・・・)

OLEオブジェクトとしてMDB内に取り込みたくないので、何とか良い方法は無いでしょうか?ご教示いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。 2003/4/17 はなもも


>帳表形式で複数レコードを表示させようとして、うまくいきません。

フォームの詳細部分は各レコードごとのフォーマット機能がないので、コントロールソースを持たない「イメージオブジェクト」を利用することはできません。

しかし、レポートにおいては逆に、フォーマット機能がありますので実現が可能です。参考ファイルNo77をダウンロードされ、「詳細部分」の"改ページ"を「しない」に改めて下さい。

 

 

レポートの詳細部分のフォーマット時イベントに下記のようなプロシージャを記述します。

 

Private Sub 詳細0_Format(Cancel As Integer, FormatCount As Integer)

On Error GoTo Form_Current_Err
    
    Me.ラベル.Visible = False
    Me.イメージ.Visible = True
    
        'テキストボックスである「パス」に記述されている場合
        If Not IsNull(Me.パス) Then
            Me.イメージ.Picture = Me.パス
            
        'テキストボックスである「パス」に記述されていない場合
        Else
            Me.ラベル.Visible = True
            '写真を表示する「イメージ」を非表示にします。
            Me.イメージ.Visible = False
        End If
     
Form_Current_Exit:

    Exit Sub

Form_Current_Err:

    Me.イメージ.Visible = False
    Me.ラベル.Visible = True
    Resume Next

End Sub

 

サンプルファイルには画像フォルダーが同封されています。このフォルダーを必ず、Cドライブに格納して下さい。なお、この画像を取り扱うファイルはお使いのPCの能力によって、表示する時間に大きな差ができます。

 

 

2003/04/18


Q&A-010 帳票形式のレポートで参考ファイルNo63
及びNo200のAccessファイルを使用する一例


 

-Microsoft Access Club-