Microsoft Access ClubAccess超初心者対象ForumAccess初級者対象ForumAccess初・中級者対象ForumAccess VBA Tips ForumDAO、ADO、SQL Forum

     

No19155.YES/NO型について

タイトルYES/NO型について
記事No: 19155
投稿日: 2004/05/19(Wed) 16:47
投稿者: lietthi
OS:xp
Access Version:2003

 テーブルにYES/NO型のフィールドを作って、
 フォームでは"1"、"2"を入力し、○か×で表示させたいんですが、
 IIF関数を使えばいいのでしょうか?
コントロールのプロパティの書式に、;"○";"×"とすると
 何も入力していないのに全部"×"が入ってしまいます。
 教えてください。
 

タイトルRe: YES/NO型について
記事No: 19158
投稿日: 2004/05/19(Wed) 17:11
投稿者: hatena
>  テーブルにYES/NO型のフィールドを作って、
>  フォームでは"1"、"2"を入力し、○か×で表示させたいんですが、
>  IIF関数を使えばいいのでしょうか?

まず、YES/NO型のフィールドには、"1"、"2" は格納できません。
アクセスでは、Yes は -1、 No は 0 になります。
YES/NO型の場合、通常はチェックボックスを使いますが、それではダメですか。

どうしても"1"をYes、"2"をNoとして入力したいということなら、
コンボボックスを使えば可能です。

> コントロールのプロパティの書式に、;"○";"×"とすると
>  何も入力していないのに全部"×"が入ってしまいます。
>  教えてください。

フィールドの「価要求」が「はい」あるいは、「既定値」が「No」に
なっていませんか。
何も入力していない場合は何も表示しないという仕様にしたいなら、
「価要求」は「いいえ」、「既定値」は、空白にしておきます。

タイトルRe^2: YES/NO型について
記事No: 19181
投稿日: 2004/05/20(Thu) 10:42
投稿者: lietthi
おはようございます!  

チェックボックスが多くなっちゃって、見ずらいと言われてしまったので、
表示の仕方を変えようと思ったんですけど、1、2は無理だったんですね。
わかりました。

> 「価要求」は「いいえ」、「既定値」は、空白にしておきます。

↑こうなってるんですけど、やっぱり"×"が全部のレコードに表示されてるんですけど、他に原因があるんでしょうか?教えてください。

タイトルRe^3: YES/NO型について
記事No: 19193
投稿日: 2004/05/20(Thu) 15:04
投稿者: hatena
> ↑こうなってるんですけど、やっぱり"×"が全部のレコードに表示されてるんですけど、他に原因があるんでしょうか?教えてください。

確認してみましたが、Yes/No型フィールドの場合、値要求を「いいえ」にしても、
未入力(Null)にはならないようですね。Yes と No の2つしか格納できない仕様のようです。
Yes No Null(未入力) の3つの状態を格納したいのなら、数値型のフィールドにするしか
なさそうです。

タイトルRe^4: YES/NO型について
記事No: 19198
投稿日: 2004/05/20(Thu) 16:17
投稿者: lietthi
> Yes No Null(未入力) の3つの状態を格納したいのなら、数値型のフィールドにするしか
> なさそうです。

数値型ですか?よくわからないです。
テキスト型では、だめですか?

タイトルRe^5: YES/NO型について
記事No: 19205
投稿日: 2004/05/20(Thu) 17:16
投稿者: hatena
> 数値型ですか?よくわからないです。
> テキスト型では、だめですか?

テキスト型でもいいと思います。

タイトルRe^6: YES/NO型について
記事No: 19225
投稿日: 2004/05/20(Thu) 23:25
投稿者: lietthi
色々試してみたんですが、テキスト型もうまくいかなくて、
よくわからないので、○、×はやめて
○のみ表示することにしました。
ありがとうございました。


このAccessフォーラム過去ログ集は、Microsoft Access Club が運営しています

年額2,400円でドメインネームサーバーをご用意します。自宅サーバ構築時にご利用下さい。自宅サーバーは応用範囲が広いです。
年額2,400円でドメインネームサーバー。
自社・自宅サーバ構築時にご利用下さい。
やはり、自前サーバーは応用範囲が広いです。

 

ページの先頭へ 前ページへ戻る