Microsoft Access Club >AccessTips >このページ >次頁 < 前項  サイト内検索


クエリからのデータ更新について:AccessTips030



一般的に、 クエリをデータシートビューで開きデータ編集を行い、テーブルの元データを変更することができます。しかし、場合によってはできないこともあります。

下表は、クエリのデータを更新できる、できないを一覧表に纏め上げたものです。

クエリまたはクエリのフィールド

更新状況

別の更新方法

1 つのテーブルを基にするクエリ

更新可能

 

一対一リレーションシップが設定されたテーブルを基にするクエリ

更新可能

 

一対多リレーションシップが設定されたテーブルを基にするクエリ

通常は更新可能

 

多対一リレーションシップが設定された 3 つ以上のテーブルを基にするクエリ

更新不可

クエリ内のデータは直接更新できませんが、クエリを基にするフォームでは、そのフォームの "RecordSetType/レコードセット" プロパティに [Dynaset(InconsistentUpdates)/ダイナセット (矛盾を許す)] が設定されている場合、フォームまたはデータ アクセス ページ内のデータを更新することができます。

クロス集計クエリ

更新不可

 

SQL パススルー クエリ

更新不可

 

フィールドの値の合計、平均、カウント、その他の集計値を計算するクエリ。または、クロス集計クエリ、選択クエリ、集計値や集計関数を含んでいるサブクエリの、いずれかから取り出されて [レコードの更新] セルにあるフィールドを参照する更新クエリ。

更新不可

更新クエリの [レコードの更新] セルで定義域集計関数を使用すると、クロス集計クエリ、選択クエリ、集計値や集計関数を含んでいるサブクエリの、いずれかから取り出したフィールドを参照することができます。

ユニオン クエリ

更新不可

 

"UniqueValues/固有の値" プロパティに [Yes/はい] が設定されているクエリ

更新不可

 

固有インデックスが設定されているリンクした ODBC テーブル、または主キーが設定されていない Paradox テーブルの、いずれかを含むクエリ

更新不可

 

データ更新権限が認められていないクエリ、または基になるテーブル

更新不可 
(削除は可能)

データを更新するには、権限が割り当てられている必要があります。

データ削除権限が認められていないクエリ、または基になるテーブル

更新可能 
(削除は不可)

データを削除するには、権限が割り当てられている必要があります。

複数のテーブルやクエリを含むクエリで、そのテーブルやクエリが共にクエリのデザイン ビューで結合線によって結合されていない場合

更新不可

テーブルを更新するには、テーブルを正しく結合する必要があります。

演算フィールド

更新不可

 

読み取り専用のフィールド。データベースが読み取り専用として開かれた、または読み取り専用ドライブに置かれている場合。

更新不可

 

他のユーザーが削除またはロック状態にしたレコードのフィールド

更新不可

ロックされたレコードは、ロックが解除されたらすぐに更新できる状態になります。

クエリの結果のメモ型、ハイパーリンク、または OLE オブジェクト型フィールド

更新可能

 

2001/03/31

ページの先頭へ 前ページへ戻る

 


クエリからのデータ更新について:AccessTips030


 

-Microsoft Access Club-

PLESKやcPanelをインストールしたレンタルサーバーをディスカウト価格で提供中だす。ヨーロッパデータセンターご希望の方は必見です。ドイツを中心にフランスに拡張中です。
PLESKやcPanelレンタルサーバーをディスカウト価格で...。
ヨーロッパデータセンターご希望の方は必見です。
ドイツを中心にフランスに拡張中です。